ストレスによって起きる胃腸の異常|逆流性食道炎の対策

がんの可能性

病院

がんを知る

がんは、体の至る所に発生する可能性があります。胃や肺はもちろん、脳や舌にも発生します。更には骨にもがんは発生します。なぜなら、がんというのは細胞が異常増殖して発生する主要だからであり、細胞でできている場所ならばどこにでも発生するからです。つまり、人の体の殆どはがんになる可能性があるということです。そんながんの中には発見が非常に難しい物もあります。例えば、膵臓がんです。これは症状の発生が極めてわかりづらく、気づけば症状が進行していたというケースが非常に多いです。そんな膵臓がんに劣らず発見が難しいとされているのが、胆管がんです。胆管とは体内コレステロールを排出するために必要な胆汁を運ぶための臓器であり、あまり知名度はありませんが体内において極めて重要な役目を担っている臓器です。なぜ胆管のガンは発見されにくいかというと、症状が膵臓がんと同じくわかりにくいからです。

初期段階で発見するには

胆管がんの初期症状は腹痛や体重減少、嘔吐、発熱があります。これらは胆管がん以外にも多くの臓器が不調の際に発症する症状であり、胆管がんだけに限った話ではありません。そのため、胆管の調査をせずに他の臓器のチェックだけをして判断してしまうことが多く、その結果がんの進行を見逃してしまうのです。対策としては、定期的に人間ドックに通い、体に異常がないかをチェックすることです。人間ドックでは体の様々な臓器をチェックできるため胆管がんも初期段階で発見することができます。