ストレスによって起きる胃腸の異常|逆流性食道炎の対策

肺がんの予防

ドクター

肺がんの原因

肺がんの原因でまっさきにあげられるのが、喫煙です。タバコを吸う事でニコチンを肺に取り込み、その影響で肺組織に深刻なダメージを与えてしまい、その結果肺がんになるというのが大まかな理由です。また、喫煙者の出す煙(副流煙)を吸い込むのも肺がんになるといわれており、現在禁煙スペースは拡大し、タバコのパッケージにも健康被害に関する注意書きが書かれています。それでもタバコを吸う理由は、煙草によって得られるメリットも存在するからです。ストレス解消やカフェインよりも強い覚醒作用による脳の活性化など、これらはタバコでお手軽に得られることもできます。また、ヘビースモーカーが必ず肺がんになるというわけではなく、あくまでもリスクが上昇するだけです。しかし、健康のためにもできるだけ喫煙量は減らしたほうが良いでしょう。

肺がんの予防

肺がん予防で最もポピュラーな方法が、禁煙です。タバコを一切吸わないことにより、肺癌のリスクは大きく減ります。また、車の排ガスなどとも無縁な生活をおくることで、肺癌のリスクは明らかに減るともいわれています。他にも、食事で肺がんを予防するという方法もあります。体にたまった毒素を排出する効果のあるフィトエストロゲンは大豆に含まれていますし、喫煙によって大量消費したビタミンCを修復するレモンやいちごなどは、肺がん予防に効果があるとされています。また、定期的に人間ドックに行き、灰の調子をチェックするのも肺がん予防に効果的です。